よく「江戸前の魚」などと耳にすることがありますが、江戸前ってどこだとおもいますか。

いくつかの考え方がありますが、まさにやまにの目の前の走水(はしりみず)から千葉県の富津岬(ふっつみさき)までを引いた線の内側(東京湾)です。

やまにでは毎朝、社長自ら市場へ車を走らせ、東京湾の獲れたての魚介類を仕入れています。「新鮮な江戸前の魚介を食べたいな」と思ったら、ぜひ、やまにへお越しください!

Categories: 未分類

Comments are closed.

  • ページ

  • 過去の投稿